「子どもは親を選ぶことが出来ない」は本当?

占いサロン🌜LOAのELLYです。

こんばんわ

先日から子どもさんにまつわる話が続いておりますが、
今日もそのような話を少ししたいと思います。

皆さんは、子どもは親を選ぶことが出来ないと思われているかと思います。

思春期の子どもから、
「好きで、この家に生まれたわけじゃない」と
喧嘩したときに、言われるような親御さんもいらっしゃると思います。

家族の問題が多々あり、生きづらい環境にある方もいらっしゃると思います。

しかし、子どもが生まれるときには、こんな説があります。

子どもというのは、生まれる前に、
天国から自分が選んだお母さんのおなかの中に入ります。
ようは、子ども自ら自分の意思でお母さんを選び、この世に誕生します。

それだけではなく、
子どもは病気の有無も本人が選んでいます。
虐待を受ける子どもは
そうなることが知っていてお母さんを選んでいます。
兄弟は、生まれる順を決めて話し合ってお母さんのおなかに入ります。

大事なことは
そうして生まれてくる命には
一人一人意味があるということです。
虐待、流産など死んでしまう子についても
命を懸けて、お母さん、お父さんに
何かしらのメッセージや教えを与えているということです。

流産をきっかけに浮気ばかりしていた旦那様が
それっきり浮気がなくなったり、
「虐待はしてはいけない」と
命を懸けて親に教えてくれているのかもしれません。
病気と懸命に戦う姿を見て、
親が命の尊さを学んでいるのかもしれません。
そして命は当たり前でないことを教わります。

このように親子というのは生まれる前から繋がっているのです。
そして、親は子どもに学んでいくのかもしれません。

当たり前はありません。
ご家族のことを今一度大切に思われてくださいね。

またブログ書きますね。

ご予約は、👇よりどうぞ🌜

占いサロン・LOA(ロア)

ひとり、ひとり、お悩みは様々です。
人生のスピードも様々です。
占いを通して、お客様と共に、歩んでいけたらと、
切に思い、願います。
「当たる」だけでなく、「お悩みの解決」ができる
占いサロンを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

お客様の声16